将来を約束した証は婚約指輪【パートナーに似合うものを選ぶ方法】

新郎新婦

結婚準備のひとつです

リング

手作り結婚指輪を制作できるジュエリー工房は、意外といろんなところにあります。2人の納得のいく結婚指輪を、コストをかけず制作することができます。結婚指輪自体が2人の記念になるものですが、手作りすることで思い出づくりにもなるのでおすすめです。

もっと読む

ドレスの便利な準備方法

衣装

ウェディングドレスをレンタルすればハイブランドのドレスでも低価格で借りられるのが魅力的です。レンタルウェディングドレスはドレスサロンを使って借ります。式場提携のサロンだけでなく、外部のサロンを利用することも可能です。

もっと読む

理想のダイヤリングを買う

ウェディング

カットで顔が変わる

婚約指輪の顔となるのがダイヤモンドです。これはカットによって見た目が大きく変化するので覚えておきましょう。同じカラットでもカット方法によって見た目はかなり違います。例えばダイヤの下部分が深いものだと、面そのものが狭くなってしまうためダイヤモンドが小さく見えるのです。逆にダイヤモンドの下部分が浅いものは大きな石に見えます。理想的なものは上記2つの中間的な大きさです。ダイヤモンドが大きく見えるほうが良いと言う人もいるでしょう。しかし理想の中間的なカットには意味があります。実は過渡とダイヤモンドの輝きは深く関係していて、反射が大きく違ってくるのです。下部分が深いと反射しなくなります。逆に浅いと輝きがなくなってしまうのです。

サムシングフォーが人気

大阪のジュエリーショップでは婚約指輪にサムシングフォーをしてくれるところがあります。これは婚約指輪の裏側に宝石を取り付けてくれるものです。婚約指輪の裏側にブルーダイヤを取り付けることで幸せを運ぶと言われています。ブルーカラーには幸せを運ぶ以外に純潔の意味も持っているのです。ブルーカラーは人目のつかないところにつけると言われているもので、見えない部分に青いリボンを取り付けたりします。大阪のショップによって対応できないところもあるのです。なのでサムシングフォーをしたいなら、大阪のショップのホームページを見て調べてみるといいでしょう。大阪のお店だとブルーダイヤ以外のカラーダイヤモンドにも対応してくれるところがあります。

細部に至るこだわりがある

ダイヤ

ラザールダイヤモンドは、原石選びやカッティング技術へのこだわりを持っていますが、指輪の金属や製法のことも決しておろそかにはしていません。カラーゴールドや鍛造製法の指輪のコレクションが出ているのです。メレダイヤモンドやミル打ちも重視しています。

もっと読む